青汁,副作用

青汁には副作用はないの?

青汁は野菜不足を補う健康食品なので基本的には副作用はありません。

便秘に悩む女性

 

青汁はもともと緑黄色野菜から作られるので基本的には副作用はありませんが、モノには限度があります。

 

いくら健康に良いからといって青汁ばかりをたくさん飲めばバランスを崩す事になるのは当然のことです。

 

何事も程々がベストですね。

 

 

まれに、お腹が下るなどの症状を起こす方がいます。

 

おそらく、デリケートな方なのでしょう。

 

 

そんな方は最初は少ない量から初めて、慣れてきたら次第に量を増やすようにしましょう。

 

 

また、よく「冷え腹」を起こす方がいますが、そんな方は冷たい水に溶かすのは避けて、
なるべく常温で溶かすようにしましょう。

 

 

しかし適量を守っても副作用が起こる場合があります。

 

例えば、

 

それが低血糖の方とか、腎臓機能が低下している方とか基本的に内臓機能が低下している方にとっては青汁を控えなければいけないかもしれません。

 

その場合は医師の相談のもとで判断するようにしましょう。

 

また、心筋梗塞や脳梗塞など「血管」に疾患を抱えている人は、血栓予防のため「ワーファリン」という薬剤を服用していることがあります。

 

このワーファリンは、青汁に含まれている「ビタミンK」がワーファリンの効き目を弱めることがあるので、コレも医師と相談のうえ判断しましょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ